前へ
次へ

セルフネイルをするときのコツを覚えよう

ネイルをムラなくきれいに塗るためには、正しい塗り方を実践するのはもちろんのこと、爪の表面を整えておくことが大切です。
セルフネイルをするときは、目が細かい爪やすりを使って、爪の表面を優しく磨くことから始めてみるとよいでしょう。
爪の表面を磨くことで凸凹がなくなって、ムラにならず、誰でも美しく塗ることができます。
爪の表面を磨いたら、ベースコートを塗ることも大切なポイントです。
ベースコートを塗るのと塗らないのとでは、完成度や持ちが大きく変わってきます。
ベースコートが完全に乾いたら、カラーポリッシュを塗っていきます。
もしもはみ出してしまったら、塗った直後でまだ乾いていない場合は爪楊枝の先を使えば手軽に除去できます。
ただ、少しでも乾いてしまうとそのままでは除去できませんので、爪楊枝の先端に除光液を少しだけつけて落とすとよいでしょう。
さらに、仕上げにトップコートを塗っておけば、ツヤが出てより美しく見えますし、ネイルの持ちをアップさせてくれます。
最近は、乾きが早いベースコートとトップコートが販売されています。
上手に取り入れれば、きれいなネイルを短時間で仕上げることができます。

Page Top